初心者用の撮影用語集

撮影方法やカメラに関する、知っていると映像の撮影がもっと楽しくなる初心者用の分かりやすい撮影用語集です。

撮影用語集の目次

A-Z AE AEロック AF CCD CMOS F値 HDR ISO感度 PLフィルダー RAW
あ行 アイレベル 明るいレンズ アスペクト比 圧縮効果 アップ アングル アンダー 雲台 オーバー
か行 開放値 画角 画素数 逆光 グリッド線 広角レンズ ゴースト 光量 コントラスト
さ行 撮像素数 撮像センサー 三脚 色相環 自然光 絞り 斜光 シャッタースピード 視野率 収差 順光 焦点距離 白飛び 水準器 水平アングル ズームリング ズームレンズ スローシャッター 測光方式
た行 ダイナミックレンジ 単焦点レンズ 手ぶれ
な行 流し撮り ネガフィルム ノイズ
は行 ハイアングル ハイポジション パンフォーカス ハイライト 半逆行 被写界深度 標準レンズ ピント フィルター フォーカスエリア 俯瞰 フレア フレーミング 望遠レンズ ポジション ボケ ホワイトバランス
ま行 マウント マクロレンズ 丸ボケ モアレ
ら行 レフ版 レンズフード ローアングル ローポジション 露出 露出補正
わ行 ワイド

AE
自動で映像の明るさ(露出)を調整する機能。

AEロック
AEは被写体が動くたびや、カメラを動かすたびに明るさが変化するが、AEによって決めた明るさを変化させないようにする機能。

AF(オートフォーカス)
自動で被写体との距離を測定し、ピントを合わせる機能

CCD
デジタルカメラの撮像センサーの種類の一つ。
高感度の撮影に強く、暗いところなどでもノイズの少ないクリアな画質が得られる。ただし、消費電力が高い。

CMOS
デジタルカメラの撮像センサーの種類の一つ。CCDにくらべ、低コストで低消費電力。

F値
絞りの開き具合を数値化。絞り値ともいう。数値が小さいほど光が多く入り、大きいほど光が少ない。

HDR(ハイダイナミックレンジ)
露出の異なる写真を数枚連写して、それらをカメラ内で合成し、最適な露出量の写真をつくる処理、または機能のこと

ISO感度
カメラ内にある撮像素子の光の感度を数値化したもの。
数値が大きいほど暗い中で撮影しやすくなるが、画質が悪くなる。
逆に、数値が小さいほど暗い中での撮影には不向きだが画質がよくなる。

PLフィルダー
光が当たった被写体の表面反射を除去するフィルター。
水面やガラス面の反射を取り除き、空気中のほこりや水蒸気の反射を除去することで、コントラストを上げることができる。
偏光フィルターともいう。

RAW
撮像センサーを通した写真の情報を見加工で保存するデータ形式。
一般的な写真のデータ形式のJPEGが、撮像センサーからの情報を大幅に間引きしたり、加工しているのに対し、RAWは間引きのないありのままのデータとなるため、後からフォトレタッチソフトによる補正がしやすい。

自分に合うか気軽にチェック
動画編集の体験レッスン予約は電話かWebで

カット編集から、効果のつけ方、文字入れまで動画編集のひと通りを体験できます
体験レッスン料 2,200円(当日入会で無料)
※予約必須
※強引な勧誘はいたしません お気軽に動画編集をお楽しみください